薪火焙煎コーヒー

薪火焙煎コーヒー

間伐材の薪を利用した森に優しい焙煎コーヒー

私達の暮らす福岡県東峰村では植林された杉や檜が手付かずのまま放置されています。森の表面を覆った杉や檜は太陽の光を遮り地表の植物の成長を妨げています。地表に植物が成長できる環境が無いことでむき出しの地面は雨に打たれ表面の土が流れてしまいます。大雨や台風などで地すべりが起きるなどの災害を悪化させる大きな原因の一つになっています。流れた泥や砂は山の小さな小川の底にたまり石の間などの川虫の生息できる環境をなくし水位が上がり岩場をなくし川の環境も変えてしまいます。

本来の多様性のある賑やかで彩りのある美しい森を見たいです。

そこで少しずつ畑の周辺の杉やひのきを切っています。畑の日当たりも良くなります。

杉の伐採

木を倒して、枝を落として、一年ほど置いて乾燥させて薪にします。焙煎には薪を使ったロケットストーブを使います。ガスも電気も使いません。

ロケットストーブ薪火焙煎コーヒー

手仕事の焙煎

網に生豆を入れて15分から20分程焼いていきます。薪が燃料なので火力にばらつきがあり一概に何分とかはありません。豆の状態や香りで焙煎します。

生豆から薪火焙煎コーヒー

ロケットストーブの直火と鉄板を介した遠赤のハイブリッドで焙煎します。細かな火力の調整は手元加減で行います。

東峰村薪火焙煎コーヒー

 

関連情報

  • 木の芽(山椒)木の芽(山椒) 春には山椒の若葉が新緑に輝いています 縄文時代の土器から実が見つかった例 […]
  • ディルの採種ディルの採種 葉は白身魚との相性がよく、種子はピクルスには欠かせないディル。深みのある甘 […]
  • エキナセアの蕾の変化エキナセアの蕾の変化 エキナセア(紫馬簾菊)が蕾をつけ始めました。今年で2年目、株も肥りたくさんの花 […]
  • にょきにょきにょきにょき あっちもこっちもハーブが発芽ラッシュです。今年も数種類のハーブを追加栽培し […]
薪火焙煎コーヒー