おすすめ, 雑貨

ヒマラヤ麻炭パウダー

 

麻炭とは

ヒマラヤ麻炭パウダーは大麻の幹を炭化させたものです。大麻は繊維、食、医療など、幅広い分野で使用されています。日本では昔から神事や繊維としての利用があったようです。第二次世界大戦後から日本では規制が厳しくなってきたようです。近年、その有用性が理解され国によっては合法的に栽培され税金をかけ医療への利用やプラスチックの代わりとなる樹脂製品などがあるようです。一年で3メートル以上になる、とても成長の早い植物です。炭にすることで飲料水の浄化や体内の化学物質、放射性物質、毒素の浄化に効果があるとされています。

麻炭パウダーの特徴

伝統的にブスカット村で栽培される麻の幹を炭にしたものです。麻炭は多孔質性に優れており備長炭のおおよそ4倍、孟宗竹の1.6倍あると言われています。伝統的にブスカット村で栽培される麻幹を使用しています。

ヒマラヤ麻炭パウダー
画像は3g

麻炭パウダーはとても細かい微粒子でふわふわのパウダーです。

※ 炭に食用としての認可はなく、食品添加物としての扱いです。ご使用は自己責任でお願いします。

麻炭パウダーの使い方

麻炭は体内に入れることで体内の化学物質、放射性物質、毒素などを吸着して排出すると言われています。

  • お米を炊くときに混ぜる→2合に小さじ1程度
  • 飲み物に混ぜて飲む→ひとつまみ
  • 果物・野菜の農薬除去→ひとつまみを水に溶かし5分程度漬け置き
  • お菓子作り→生地200gに対して小さじ1程度
  • お風呂に入れる→小さじ2程度

無味無臭です。量はお好みで加減してください。

麻炭を使ったレシピはこちら

麻炭の生産地

ネパールのポカラから悪路をジープで8時間。ヒマラヤ山脈の麓ブスカット村のブミラジさんが生産した麻炭です。完全自給自足をしており、肥料は家畜や山の栄養を活用しています。

ネパールブスカット村

ヒマラヤ麻炭パウダーの販売ページはこちら

ネパールの田舎体験

ブスカット村のブミラジさんは民泊の受け入れもしています。ネパールの田舎暮らし、大自然と向き合える貴重な体験ができます。奥様のタビットラさんの作るチャイやダルバート(豆のカレースープ)やディロ(ヒエを挽いて炒めたもの)もとても美味しいです。

 

Kiwi Home Stay And Organic Hemp Garden

関連情報

おすすめ, 雑貨